捨てねば得られぬ

ファフニルと名付けられたそのニワトリは、1日に2個ずつ宝石を産む。もっとたくさん産むこともある。 ファフニルを受け継いだ兄弟たちは「よりたくさん手持ちの宝石を捨てた者」がその日、産みたての宝石を手にすることにした。 宝石の価値は皆が持っている数で変動する。あえて捨てることで場の雰囲気を操作し、最後に価値ある宝石をたくさん持っていることをめざす、ちょっと頭をつかう手軽な駆け引きゲーム。

  • 2〜4人用
  • プレイ時間約30分
  • 対象年齢8歳以上

ファフニル

¥NaN + 税
公式ショップ限定ノベルティプレゼント!(日本からの発送のみ) 8,000円以上のお買い上げで送料無料。(日本から海外への発送は除く) 配送・送料についてはこちら。

ファフニル

ゲームの説明

『ファフニル』は、『海底探険』や『エセ芸術家ニューヨークへ行く』『小早川』『スタータップス』『藪の中』などの作者・佐々木隼の作品です。
全員の中央に置いてある「ファフニル」の上に、毎ラウンド石が2個置かれます。プレイヤーは自分の持っている石の中から捨てたい石を握り込み、よりたくさん握り込んでいたプレイヤーが、握っていた石を捨て場に捨て、ファフニルの上の石を受け取ります。 ただし、どの色の石でも握り込んでよいわけではありません。ファフニルの上に乗っている色の石は、そのラウンドでは捨てられないので、早く捨てたいのになかなか捨てられなかったり、捨て時の流れのときには全員が一気に捨てようとしたりして、一筋縄にはいきません!
これを繰り返し、捨て場に一色の石が決まった数以上になるとラウンド終了。それぞれの石の価値が決まります。 全員がついたての裏に持っていた宝石を公開し、全員の合計で一番多かった色の石が「3点」、2番めの色が「2点」、それ以外の色はすべてマイナス1点になってしまいます。
いかにマイナスになる石を持たず、プラスになる石を持っているかが重要です。捨て場にたまっていく石の色や、全員が握り込んでいた石の色から、どの色の価値が高くなるのかを予想しましょう…! 相場を読めない?そういう場合は金色の石を集めましょう!この石だけは相場に関係なく、確実に「1点」になります。金を集めるか、それとも2点3点になりそうな石を集めるか、プレイヤーの判断に委ねられています。
非常に早いテンポでサクサクと進んでいくゲームですが、1回1回の握り込みにオークションのような濃密な駆け引きがあります。しかも、自由度が高く、発想しだいで皆をあっと言わせるような手を打ったり、場に出てくる石の運に一喜一憂したりと、何度も遊びたくなる作品になっています。

ファフニル

クレジット

ゲームデザイン佐々木隼
アートワーク佐々木隼
制作年2019年
言語日本語、英語

ファフニル

関連リンク

ファフニル

¥NaN + 税
公式ショップ限定ノベルティプレゼント!(日本からの発送のみ) 8,000円以上のお買い上げで送料無料。(日本から海外への発送は除く) 配送・送料についてはこちら。
ファフニル
¥NaN + 税
購入